株式会社エルヴェ環境

〒980-0014

宮城県仙台市青葉区本町1-6-23-3F

TEL 022-397-8477 FAX 022-398-8532

mail/support@eleverkankyo.com

  • ブラックGoogleプレイスアイコン
  • ブラックGoogle+のアイコン

Copyright©ELEVER KANKYO Co.,Ltd All Rights Reserved.

ヒ素不溶化・中性域対応

土壌(地盤)改良材

建設現場で発生する様々な汚染土壌

重金属類有含土(ヒ素等)を不溶化処理し

リサイクル可能な土質に変えて

大幅コストダウンに貢献します。

宮城県、福島県などの東北地方はもちろん、多くの地域で自然由来の重金属類(ヒ素等)が多く検出されています。そして、そのほとんどが環境基準値を超えているのが現状です。

この土を搬出・再利用する場合、重金属類(ヒ素等)を放置することはできません。そのため産廃処理をする必要がありますが、1㎥当たり数万円以上と高額になってしまいます。

当社では、現地で専用の土質改良剤を用いて重金属類(ヒ素等)の不溶化処理をすることが可能です。費用も通常は約4000円/㎥から6000円/㎥の範囲に収まっています。当社の不溶化剤は、「グリーンアース」という商標名で販売しており、国交省のNETIS、NEXCOの新技術登録、農水省のARIC、都市再生機構の新技術の4つに登録されている信頼の高い土壌改良剤です。東北を中心に多数の施工実績があります。また、現在東京周辺のシールド工事においても良好な試験結果を得ています。重金属類有土(ヒ素等)、浚渫汚泥、廃棄物混合土などの汚染土壌でお困りの方は、当社にご相談ください。最適なプランニング設計、計画をいたします。

グリーンアースは4つの機関に登録されています

国土交通省
​新技術NETIS登録
NEXCO
​新技術登録
ARIC新技術登録
農林水産省
都市再生機構
​新技術登録

複数の改質効果を同時に発揮

○ヒ素有土の安定化(不溶化)
○重金属類有土の鉱物安定化(不溶化)
○浚渫泥土の改良
​○酸性度(泥岩・土丹など)の不溶化
○廃棄物混合土の分別と改質処理
○VOC・油類等、汚染土壌の浄化
○粒度改善
○剥離性改善
○強度発現
​○その他汚染土壌の浄化
重金属による土壌汚染の浄化・不溶化

重金属類は土粒子との相互作用が強く、分解や除去が困難です。掘削除去・洗浄・焼却などの処理を行うと、コスト高で大掛かりとなり、工期も膨らみます。トンネル工事などに伴う掘削ズリ、シールド工事の排泥やダムの浚渫土などは、発生量が問題とされています。

グリーンアースはpHを中性域に保ちながら、重金属類を化学結合により溶けにくい性質の鉱物として安定化、汚染物質が再溶出しない土壌へと無害化します。

浚渫土や汚泥を再利用可能な土に

高含水の浚渫土やシールド汚泥、脱水ケーキ等、産業廃棄物として処理することが多い建設汚泥も、グリーンアースで泥状を改質。強度の増加を確保してpHの中性領域安定化を行う事で、改良土として盛土材や埋戻し材、農業用耕作土などに再利用できます。添加量により低〜高強度の土質改良まで対応しています。

浚渫土の安定処理事例(一軸圧縮強度試験データ)
工期短縮、コスト削減、環境に配慮

グリーンアースは、セメント系固化材や生石灰に比べ、50〜70%の添加量(※)で済みます。別々な処理が必要だった工程(分別前処理・重金属の不溶化・強度改善)も一度にでき、短期間で不溶化やpHの安定化、強度などの改質効果を発揮。廃棄予定の土を再利用でき、トータルコストを20〜30%削減。環境への配慮にも適しています。

※状態により異なります。

製品バリエーション
アルカリ土・酸性土の中性化。地盤改良土を中性化し、植物の生育する中性域リサイクル土に

通常、汚泥などの軟弱土をセメントや石灰で改良すると、強アルカリ土になり不都合が起きます。例えば田んぼにアルカリ水が流入すると、イネの発育に影響が起き、その他盛土に転用する際も植生の問題が起きます。そこで、中性固化剤グリーンアースCMを用いることで、PHを8.5以下に抑えて植生上問題のないように処理をします。

改良土のpHを中性領域に素早く低下

様々な無機金属鉱物を主成分としたグリーンアースは、土と混合することで含有成分が土中で複数の連続する化学反応を起こします。従来のセメント系固化材、生石灰、石灰系固化材に比べて短期間で汚染土壌を改質して、同時にpHを中性域に安定させます。

※1)添加量とアルカリ量が低いため​、初期の頂点も低くなります。

​※2)石灰系に比べてアルカリ量が低く初期反応が速いため、初期のアルカリ領域の頂点が低くなります。反応後も中性領域の化合物が多いため、改良土全体の自発的な中和速度が速くなります。(改良土の表面に限らず粒子が中性領域)

添加後の改良土のpHの変化と経過日数の関係

​宮城県初の試みで東日本大震災の土砂を

グリーンアースで再生活用

​復興を加速させました

東日本大震災で発生した宮城県山元町の土砂を、津波堆積物などから分別し、復興工事用として福島県に搬出しました。山元町の震災廃棄物の処理で発生する土砂は、約77万㎥と見込まれましたが、このうち約44万㎥を福島県に搬出することにより、契約期限の迫る民有地や固有地を利用した土砂仮置場の早期解消を計り、復興の加速化を実現しました。

※発生土の性質と用途によって、グリーンアースCNを30kg/㎥〜50kg/㎥使用しました。

※記事をクリックで拡大表示

河北新報 掲載
建設新聞 掲載
帝国データニュース 掲載

2013/12/6:河北新報

2014/5/12:建設新聞

2015/1:帝国データニュース